新宮・東牟婁圏域自立支援協議会就労支援部会

2018年7月17日

就労支援部会とは

障がいがあることで、就労が困難な人たちの活動(作業所も含む)を今まで以上に地域で支えるための組織です。
障害のある方が一般企業で働く、または働き続けることができる地域を目指すために、障害のある方の就労等に
係る現状や課題について、定期的に協議しています。
また、就労支援部会は障害者支援を行う各種団体・医療機関の情報共有の場でもあります。

活動内容

私達の目的は障害者の地域生活支援の一環として、就労支援を積極的且つ効果的に取り組むために、雇用、保健福祉医療、教育、労働等の関係機関と連携し、障害者の就労支援についての情報の交換や共有化を図ります。
部会の構成は、対象者の就労訓練及び対象者への支援に直接関わる者(市町村職員、相談支援センター職員、障害者就業・生活支援センター職員、職業安定所職員、特別支援学校進路指導教諭、職業能力開発施設職員、保健所職員、医療関係職員、障害者施設の職員などの委員で構成しており
会議は、原則として2ヶ月に1度、又は必要に応じて随時開催しており部会長が必要と認める場合は
その他関係機関、団体、企業等の部会へ協議内容に応じ、参加を求めるます。
主な協議内容は下記の通りです。

(1)障害者の能力に応じた一般就労支援体制を整備するための情報、知識の共有及び連絡調整

(2)工賃向上に係わる支援体制を整備するための情報、知識の共有及び連絡調整

(3)圏域における支援提供体制、社会資源の開発及び改善のための協議

(4)その他障害者の就労を支援するために必要な事業

 

就労部会パンフレット

PDF TOP-P7 PDF P2-P5
PDF P3-P4 PDF P1-P6
追加資料1 追加資料2

 

※A3用紙となっておりますがご自由にお使いください 但し内容の一部においても商用利用は出来ません
 如何なる場合においても自己責任でお願いいたします

Posted by 管理人